この日は予報に反して朝少し風があったけど、深場へ直行。1日深場で粘る作戦です。

この日は外道の活性が、特にスミヤキの活性が高く、困ったものです。仕掛け一式とオモリを持って行かれたり、仕掛けがずたずたになったり。
スミヤキとアカムツはアタリが似ているし、海面まで上げてきて、黒い魚だとがっかりすることが多いのですが、昨日はスミヤキとアカムツの違いがわかった気がした。水深の半分を過ぎる頃、スミヤキは動きが活発になる。アカムツは、時間をおいて暴れるけど、スミヤキは暴れてから次に暴れる間隔が海面に近づと短くなってくる。スミヤキは光が嫌い、なんじゃないかと。それも、他の深海魚に比べてすごく嫌いなんじゃないかと推測している。

そんなくだらないことを考えながらいくつものスミヤキをリリースしたけど、なかなか本命にもたどり着けず。昼前にして、キープなし。心が半分折れそうになりながらも、浅いところから深いところとか、いろいろな場所を流す。

ちょうど昼頃、良いアタリがあったので、またスミヤキか、と思って上げてきたら、アカムツ40cmでした。その後、アカムツ37cmを追加し、もうちょっと釣れるかと思ったけれど、その後は続かず。再び外道地獄になったので、上がることにしました。
14304349159945.jpg