上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢町はミウラボートより船外機付きの8人乗りの船で6名で出撃しました。

朝の内、北東の風が強く、海は少し荒れ模様です。手漕ぎボートなら2人乗りでは苦しいぐらいの波がありました。

最初、横根の浅場20m弱にアンカリングして釣りを開始です。ほどなくメバルが上がり、ぽつぽつとマアジも釣れました。ワカシやメダイの子なども釣れ、定番のゴマサバもぽつぽつということで、まぁまぁの釣果です。
ほどなく食いが悪くなってきたところで、イガイ根へ移動です。伊勢町の大津寄りに立っている棒の沖側の根で、沖側へカケアガリとなっているポイントで釣りをしました。ここでもぽつぽつとアジ、サバ、カサゴ、メバルなどが釣れましたが、最初のポイントほどは釣れないため、程なく移動です。
中根の沖側付近で釣ろうとするも、アンカー打ってはだめだと言われて猿島付近に移動するも、もっと釣れず、最後は挨拶しながら走水の棒島沖へ。ここにきて上潮がかっとぶように流れ、50号でも大苦戦してしまい、ここで納竿です。

今回は前回(8/6)とは海の模様が違っていました。あれほどいたカタクチイワシの群れがいなくなりました。ときどきイワシが釣れましたが、全部ウルメイワシの小さいもの(15cmぐらい)です。小さいながらもマアジ(20~23cm)が釣れるようになりました。
相変わらずサバが回ってきますが、100%ゴマサバで、マサバは混じりませんでした。
潮が濁っていたのは台風のせいかな。
時化後の荒食いとは全然いきませんでしたが、前回より模様が良くなってきており、今後に期待できます。

2人分の釣果は、マアジ19尾(20~23cm)、メバル5尾(15~20cm)、カサゴ5尾(15~20cm)、ゴマサバ8尾。

マアジは刺身、たたき、にぎり寿司、鰺フライに、メバルとカサゴはせごしとみそ汁に、ゴマサバはみたたきにしました。電気フライヤーなる便利なものを買ったので、試しにアジフライを作ったのですが、これが絶品でした。くさみなど全くなく、柔らかく脂が乗った身と衣のさくさく感がたまりませんでした。定番料理の一つになるかも。

最後になりましたが、みなさんいろいろとありがとうございました。ポイントを選ぶ立場であったこともあり、釣れなかったらどうしようかと思っていましたが、爆釣とはいかないまでも、多少なりとも釣れて良かったです。
手漕ぎボートと違い、船上でみなさんと話ししながら釣りをするのは楽しいものでした。また、大きく竿がしなるとのぞき込んだりして自分ではないのにちょっとわくわくするなど、1日楽しく釣りができました。また、是非よろしくお願いします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。