上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




本日伊勢町で手漕ぎボートでのカレイ釣りに行ってきました。

6時30分頃にミウラボートに到着し、受付をすませて駐車場へ。既に来ていたゆうさんとあしべさんにご挨拶し、雑談をしているうちに時間になり、7時過ぎに岸払いです。北風がやや強く、波が少しありました。

6時半ぐらいが満潮だったので、手前の棚の沖側で釣りを開始です。水深は8mぐらいでした。
開始すぐからエサ取りが多く、エサのかじられ方からすると、どうもフグのよう。そのうち、なにやら釣れたのですが、これがやっぱりショウサイフグで20cmぐらいのものでした。合計3尾釣って全てリリース。

カレイが釣れる時合が過ぎてしまったのと、ここではエサがいくらあっても足りないので、場所を移動です。
ちょっと沖に出てメバルを釣ろうかと思ったのですが、風が強くなり、波もうねりを増してきたのであまり沖まで行けず、砂地のようだったので、キス狙いに変更です。2尾のシロギスを釣り、2度目の時合である12時半の1時間前になったので、今度は沖側海苔棚へ移動。
途中、ボート釣りのお兄さんに声をかけてみたが全然駄目とのこと。ゆうさん、あしべさんからも連絡があって、やっぱり釣れてないとの話し。まだまだ寒い日が続いているからかカレイの活性が上がらないですね。

その後も2時間ほどこのポイントで粘ってみましたが、小タコ1匹だけで釣れませんでした。

そのうちにベタ凪になったので、カレイをあきらめ、沖の根周りでアジかメバルを狙いに行ってみたのですが、こちらでもポイントがうまく定まらず結局カサゴ25cm1尾とナマズのような変なさなかを追釣しただけ。変な魚はリリースしました。結局、これで納竿しました。

昼過ぎから凪になったことと、天気が終日晴れていたので、朝の内ちょっと寒かったですが昼前からはあたたかくて絶好の釣り日和でとても釣りやすい日でした。残念ながら釣果には恵まれませんでしたが、まぁ、こんな日もあるでしょう。寒い日が続いていることもあり、カレイの時期にはもう少し早いのでしょうか。

エサ :アオコガネ40g、アオイソメ150g、コマセ小1ブロック
仕掛け:自作2本針。幹糸フロロ4号、枝糸フロロ3号、カレイ針14号。

料理ですが、カサゴは煮付けに、シロギスは糸造りと骨せんべい、小タコはガーリック炒めにして食べました。どれも大変おいしかったです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。